長年使用している業務用エアコンが故障してしまい、修理が必要になった場合について!

長年使用している業務用エアコンが、故障してしまったという場合には修理を依頼する前にしっかりと考えておくべきことがあります。
何を考えておくべきなのか?ということですが、それは、買い替えです。
≫ 『長年使用している業務用エアコンが故障してしまい、修理が必要になった場合について!』

設置している業務用エアコンの修理回数が多くなってしまうのは、どのような場合?

設置している業務用エアコンの修理回数が多くなってしまうということがあります。
それは、どのような場合なのでしょうか?
業務用エアコンが故障してしまうと、修理に高額な費用がかかってしまうこともありますので、なるべく故障させないようにすることが大切です。
≫ 『設置している業務用エアコンの修理回数が多くなってしまうのは、どのような場合?』

業務用エアコンを運転したら嫌なニオイが発生した!どこに修理を依頼する?

「業務用エアコンを運転したら、嫌なニオイが発生した!」こんな話よく聞きますよね!
嫌なニオイが発生した場合には、どこに修理を依頼すればよいのでしょうか?
嫌なニオイが発生する場合の原因は、その多くが「カビが発生して繁殖する」こと原因です。
厳密に言えば、故障ではありませんが、内部を洗浄するなどしないと、この嫌なニオイを取り除くことはできません。
≫ 『業務用エアコンを運転したら嫌なニオイが発生した!どこに修理を依頼する?』

業務用エアコンは小動物が原因で故障してしまうことがあるって本当?業務用エアコンの修理を依頼する際には知っておくとよい!

業務用エアコンが故障してしまう原因は色々ありますが、小動物が原因で故障してしまうことがあるということを知っていますか?
≫ 『業務用エアコンは小動物が原因で故障してしまうことがあるって本当?業務用エアコンの修理を依頼する際には知っておくとよい!』

業務用エアコンの分解洗浄を行うことで、修理の頻度を減らすことができるって本当?

業務用エアコンを設置する際に、覚えておきたいのが、「分解洗浄」です。
これは、簡単に言えば、業務用エアコンの室内機の内部を綺麗に洗浄するということ。
この分解洗浄を行うことで、どのようなメリットがあるのか?ということですが、たくさんのメリットがあります。 ≫ 『業務用エアコンの分解洗浄を行うことで、修理の頻度を減らすことができるって本当?』

業務用エアコンの修理費用をインターネットで調べるのは、あまり意味がない!

業務用エアコンが故障してしまった場合、どうしていますか?
夏の時期や、営業に支障があるという場合には、すぐに修理業者を呼んで修理をしてもらうと思いますが、あまり業務用エアコンを使わない時期だと少し様子を見るために、放置しているという人もいるのではないでしょうか?
≫ 『業務用エアコンの修理費用をインターネットで調べるのは、あまり意味がない!』

業務用エアコンの修理費用は状況によって大きく異なる!

業務用エアコンが故障してしまった場合には、修理費用がどのくらいかかるのかが不安ですよね。
まず、業務用エアコンの修理費用について知っておきたいのが、状況によって大きく異なるということです。
業務用エアコンの修理をメーカーに依頼するか、専門の修理業者に依頼するのかによっても異なりますし、メーカー、機種、年式、設置されている場所などによっても変わります。
≫ 『業務用エアコンの修理費用は状況によって大きく異なる!』

業務用エアコンの修理費用が高い!そのまま修理をするしかないの?

「使用していた業務用エアコンが、突然故障してしまった!」という話はよく聞きますよね。
業務用エアコンが故障してしまった場合には、まずはメーカーや修理業者に連絡をして、修理をするのにどのくらいの費用がかかるのかという見積りをもらうのが一般的です。
≫ 『業務用エアコンの修理費用が高い!そのまま修理をするしかないの?』

業務用エアコンの修理を自分でやるのはNG!リスクが高すぎるので絶対にやめましょう!

業務用エアコンが故障してしまった場合、メーカーや修理業者に来てもらい修理をしてもらう必要があります。
しかし、業務用エアコンの修理費用は、故障した箇所や程度にもよりますが、高額になってしまいがちです。 ≫ 『業務用エアコンの修理を自分でやるのはNG!リスクが高すぎるので絶対にやめましょう!』

業務用エアコンのリースは修理保証付きがおすすめ

業務用エアコンを導入するには、本体価格と工事費などを含めて多くのお金がかかります。そのため、一括で購入するのではなくリースで導入するという人も少なくありません。そんな業務用エアコンのリースについてですが、どのようなものを選べばよいのでしょうか?

圧倒的におすすめなのが、修理保証付きのリースです。業務用エアコンは通常10年程度は問題なく使うことが出来ますが、中にはそれまでに故障してしまう、修理が必要になるという場合があります。業務用エアコンの修理は状況によっても異なりますが、安くはありません。部品代や出張費などで多くのお金がかかることも珍しくありません。

そのような万が一の時でも安心なのが、この修理保証付きのリースです。リース会社によって異なりますが、契約期間内であれば無償で修理をしてもらうことが出来るということが多いです。このサービスがあるかどうかで大きく安心感が異なります。せっかくリース契約を結ぶのであればこのような修理保証付きのものを選ぶようにしましょう。期間については5年、10年など複数のものから選択することが出来るというものもあります。ぜひチェックしてみましょう。

業務用エアコンに使われる冷媒ガスR32について

業務用エアコンでは、熱交換を行い部屋を暖める、冷やすのに冷媒ガスが重要な働きをしています。使用されているものはそれぞれの機種によって異なりますが、近年よく使われるようになってきたのがR32というガスです。大きな特徴としては環境への影響が少ないという点が挙げられます。以前の業務用エアコンにはフロンガスが一般的に使用されていましたが、このフロンガスは地球温暖化につながるということで、環境に大きな悪影響を与えていました。

しかし、R32では地球環境への影響が少なく、エネルギー効率にも優れていて、安全に使用することが出来るということから多くのもので使用されています。メーカーとしても出来るだけ地球環境に悪影響を与えないものを使用したいということで、R32が使われるケースが増えています。

業務用エアコンを設置する際の機種選びでは、このような地球環境に影響の少ないR32の冷媒ガスが使用されている業務用エアコンを選んでみるよいでしょう。それぞれの機種にどれが使用されているかは、商品ページなどに記載されていますし、メーカーのホームページでも型番で検索すると確認することが出来ますよ。

業務用エアコンのフロンガス回収とは?

既存の業務用エアコンを新しく買い替える際には、既存の業務用エアコンを撤去するのが一般的です。既存の業務用エアコンを撤去する際に、覚えておきたいのがフロンガスの回収についてです。フロンガスとは、業務用エアコンの冷媒ガスとして使用されているもののことで、昔の業務用エアコンには多く使われていました。

このフロンガスを放出してしまうと、地球環境に悪影響を及ぼすと言われています。そのため、このフロンガスをみだりに放出することは禁止されています。撤去の際には、まず室外機から中に残っているフロンガスをすべて回収します。この回収作業を行わないと、室外機から銅管を外す際にガスが噴出してしまうことになります。専用の機械でフロンガスを回収してから撤去作業を行います。そのため、既存の業務用エアコンを撤去するには、ある程度時間がかかるということを知っておくようにするとよいでしょう。

回収したフロンガスについてですが、この回収したフロンガスは破壊処理施設に搬入され、そこで、破壊処理されることになっています。業務用エアコンをこれから撤去する予定があるという人は、このフロンガスの回収作業について知っておくようにしましょう。

業務用エアコンでダイキンが選ばれる理由について

業務用エアコンは、様々なメーカーの物がありますが、その中でも圧倒的な人気を誇っているのがダイキンの業務用エアコンです。このメーカーが人気の理由とはいったいどのようなものなのでしょうか?選ばれる大きな理由の1つが24時間365日のサポート体制を取っているという点です。

店舗やオフィスなどでは、業務用エアコンを使用する頻度が多く、場合によって突然夜間などに故障してしまうという場合もあります。修理を依頼したいけれど、メーカーに連絡が取れないというケースも少なくありません。ダイキンでは24時間365日連絡が取れるサポート体制があるということから、多くのオフィスや店舗などで導入されています。

それから、ダイキンが選ばれる理由としては品質の高さということが挙げられます。空調機メーカーとして多くの導入実績があり、信頼も高いということから多くの場所で選ばれています。業務用エアコンをどこのメーカーにしようか迷っているという人は、ぜひこのダイキンを選んでみてはいかがでしょうか?ダイキンの業務用エアコンは他のメーカーと比べると価格が高いという点には注意が必要ですよ。覚えておきましょう。

業務用エアコンの室外機には必ず転倒防止金具を設置

業務用エアコンをすでに設置しているという人、これから設置するという人に知っておいて欲しいのが室外機には必ず転倒防止金具を設置したほうが良いということです。業務用エアコンの室外機はとても重量がありますが、地震や台風などの災害によって転倒してしまうという危険性があります。転倒してしまうと配管などが損傷して使えなくなるというケースや、中の冷媒ガスが漏れだしてしまうということもあります。そのような場合には、修理や入れ替えなどが必要になってしまいます。大きな被害を受けてしまうことになります。金銭的な負担も大きくなるので、絶対に避けたいところです。

被害を受けるのは何も自分自身だけとは限りません。業務用エアコンの室外機が転倒したことによって、近隣の建物が被害を受けるという場合や転倒して近くを歩いていた人が怪我をするなどという可能性もあります。そのような事故を防ぐという意味でも、業務用エアコンの室外機には転倒防止金具を付けるようにしましょう。この転倒防止金具はホームセンターでも購入することが出来ます。素材や大きさなどによっても異なりますが、安価で1,000~2,000円程度で購入することが出来るというものもありますので、安全対策として設置しておくことをおすすめしますよ。

業務用エアコンを撤去する際に知っておきたいこと

業務用エアコンを撤去するという場合には、業者に依頼して撤去を行うのが一般的です。一般的な業務用エアコンにはフロンガスというものが使われています。業務用エアコンを撤去する際にはこのフロンガスを回収するという必要があります。フロンガスを回収するには専用の機器を使用することになるので、業者に依頼するのがよいでしょう。

そもそもこのフロンガスをなぜ回収しなければならないのか?そのまま放出しても良いのではないか?と考えてしまう人もいるかもしれません。しかし、このフロンガスを大気中にみだりに放出することは禁止されています。なぜ、そのように禁止されているかというと地球環境に大きな悪影響を及ぼすからと言われています。

具体的には、オゾン層を破壊してしまうと言われています。オゾン層が破壊されると強い紫外線を浴びることになり、地球の生態系を乱す、皮膚がんなどのリスクが高まると言われています。

また、温室効果ガスとも言われ地球温暖化に影響を与えると言われています。このような観点からもフロンガスが含まれている業務用エアコンについては必ず撤去する際には、フロンガスを回収する必要があるのです。

工場向けの業務用エアコンについて

工場は夏場になると暑さで過酷な状況になりやすいと言われています。そのため、工場には業務用エアコンを設置しているという場合が多いですが、どのような業務用エアコンが最適なのでしょうか?

工場向けの業務用エアコンについては、まず工場の環境に耐えることが出来るものを選ぶという必要があります。工場の場合にはオイルや粉塵などが舞っているということが想定されます。そのため、通常の業務用エアコンでは、フィンの目詰まり、フィルターの目詰まり、オイルの影響による腐食、汚れ、粉塵が室内機の中に蓄積するなどの問題があります。そのまま使用し続けると、短い期間で故障してしまうということも十分考えられます。つまり、工場に設置する業務用エアコンは普通のものでは対応することが出来ないということになります。

そのため、このような問題を解決することが出来る粉塵や油に強い耐久性を備えているものを選ぶようにするとよいでしょう。各メーカーにおいても、工場用のものが販売されているので、そちらをチェックしてみるとよいでしょう。これから工場に設置を検討しているという場合には、この粉塵やオイルについてしっかりと考えておく必要がありますよ。

学校や教育施設におすすめの業務用エアコンについて

学校や教育施設でも多くのところで業務用エアコンが導入されています。そんな、学校や教育施設に導入するのにおすすめの業務用エアコンとはどのようなものなのでしょうか?子供によるイタズラを防いで、教室内を冷やし過ぎない、暖め過ぎないようにしたいという場合にはダイキンの設定温度自動復帰機能を搭載した業務用エアコンがおすすめです。

設定温度自動復帰機能とは、業務用エアコンの設定温度を変更した場合でも、一定の時間が経過すると最初の設定温度に戻るという機能です。こうすることで、教室内を冷やしすぎない、暖め過ぎないようにしてくれます。また、これによってイタズラも防止出来ます。

その他には、人がいるかいないかを自動で検知するセンサーが搭載されているものがおすすめです。移動教室などで生徒が誰もいないのに、教室内の冷房や暖房がつけたままになってしまうと電気代の無駄になってしまいます。人のいるいないを検知することが出来るセンサーを搭載していれば、人がいない時には自動的に停止するので、万が一業務用エアコンを消し忘れたとしても安心です。また、このセンサーがあれば人がいるということを検知するとまた運転を行なってくれます。学校や教育機関に導入するならこのような機能を搭載しているダイキンの業務用エアコンがおすすめです。

業務エアコンを設置するにはまず設置場所を決める

業務用エアコンを設置するという場合には、何から始めればよいのでしょうか?業務用エアコンを設置したいという場合には、まず設置する場所を決めることから始めましょう。設置する場所によってぴったりの業務用エアコンが異なるからです。業務用エアコンには、色々なタイプがあります。一番よく設置されるのは、天井に埋め込むタイプの業務用エアコンですがその他にも、壁掛、天吊、床置などのタイプがあります。

設置する場所を決めてそこにあう業務用エアコンを選ぶというのがよいでしょう。例えば、壁に設置するという場合なら、壁掛タイプを使用しますし、天井や壁などに設置する場所がないという場合には、床置タイプのものを設置するのがよいでしょう。部屋の形状や状況などによっても設置することが出来るものと出来ないものがあるので、まずは設置場所を決めてその場所に取り付けることが出来るかどうかを業者に確認してみましょう。業者に確認してもらい設置が出来るということになったら購入するようにしましょう。業者に確認せずに先に購入してしまうと、取り付けられないなどという場合もあります。部屋の形状や構造、その他の状況などによってこのようなことが起きる可能性があります。ですから、必ず購入する前に確認をしましょう。

業務用エアコンが壊れたらどこに連絡するの?

通常業務用エアコンは頻繁に故障するというものではありません。しかし、長い間使用しているという場合には故障してしまうということもあります。業務用エアコンが故障してしまうと大変です。そんな業務用エアコンが故障した場合、どこに連絡をすればよいのでしょうか?まず、業務用エアコンが故障してしまった場合には設置業者や販売店に連絡をするようにしましょう。ただし、そのような業者が倒産してしまった場合やその他連絡が取れないという場合には、メーカーに直接修理を依頼するようにしましょう。

各メーカーでは専用の窓口が用意されていてそこで、修理の依頼を受付けています。各窓口については、各メーカーのホームページで検索することが出来ます。メーカーに修理を依頼するという場合には、故障してしまった業務用エアコンの機種名、品番名を伝えるようにしましょう。機種名や品番については室内機と室外機にそれぞれ記載されています。室内機の場合には業務用エアコンのタイプによっても異なりますが、パネルを開けた内部などに記載されていることが多いです。もしも故障してしまった場合には、慌てずに行動するようにしましょう。

業務用エアコンのおすすめメーカーとは?

業務用エアコンを製造しているメーカーにはいくつかありますが、どのメーカーがおすすめなのでしょうか?まず、業務用エアコンは何を基準にして選ぶかによっておすすめのメーカーが異なります。単純に価格だけで選びたいということであれば、Panasonicや東芝などが圧倒的におすすめです。アフターサービスで業務用エアコンを選びたいという場合には、24時間365日サポートを行なっているダイキンや三菱電機などが良いでしょう。修理などの場合には、アフターサービスがしっかりとしているかどうかということが非常に重要になります。品質や耐久力で選びたいということであれば、ダイキンがおすすめです。様々機能なども充実しています。省エネ性で選ぶなら、ダイキン、三菱電機、日立、Panasonicなどが良いでしょう。

このように、業務用エアコンは何を基準にして選ぶかによっておすすめのメーカーが異なります。価格なのか、アフターサービスなのか、品質や耐久力、機能などまずは基準とするものを決めてからどこのメーカーにするか検討してみるとよいでしょう。これから、業務用エアコンを導入する予定があるという人は、ぜひ参考にしてみてください。

業務用エアコン3つの注意点について

業務用エアコンで注意したい点について
業務用エアコンを選ぶ際に注意しておきたい点について解説します。業務用エアコンを選ぶ際に注意しておきたいのが、運転する際の音についてです。とくに、注意したいのが室外機が動く際の音です。昔のインバータの業務用エアコンなどは運転時の音がかなり大きくて気になるという話もよく聞きます。室外機を設置する場所に他の住宅などがあるという場合には、近隣の住宅から音についてクレームが来るという可能性もあります。

業務用エアコンのホームページには、音がどのくらいであるのかというのが記載されていますのでチェックしておくようにするとよいでしょう。業者にも音が出来るだけ静かなタイプのものをお願いするようにするとよいでしょう。

業務用エアコンの隠ぺい配管には注意
業務用エアコンの工事を行う際に、知っておきたいのが隠ぺい配管についてです。これは名前から想像することが出来るように、配管が壁の中に入っている状態のことをいいます。隠ぺい配管は、見た目は綺麗ですが、トラブルがあったときなどには対応が難しくなります。

また、業務用エアコンの入れ替えの場合には配管の状態などによっても異なりますが、再利用することで費用を抑えるということが出来ます。しかし、この場合にはそもそも配管の状態を外から判断することが出来ませんし、新しく配管を入れるにも壁を壊さないといけないので、通常よりも工事費が高くなります。この場合には、通常よりも難しい工事になるということを覚えておきましょう。

業務用エアコンの見積の注意点
業務用エアコンの見積を依頼する場合に注意しておきたいのが、工事費が含まれているのかどうかということです。見積の場合には業務用エアコンの本体価格の他に、取付工事を行う場合にかかる工事というものがあります。単純に価格だけで見てしまうと後で後悔することや、トラブルになりかねませんので、必ず工事費も含まれているのかどうか、どのような工事になるのか?追加費用がかからないかどうかなどもしっかりと事前に確認するようにしておきましょう。それとあわせて、税抜きか税込かどうか、銀行振込などの場合には、振込手数料はどちらが負担するのかなどお金に関ることはしっかりと確認しておくようにしましょう。

格安価格の業務用エアコンを販売しているサイト

格安で業務用エアコンを購入するなら新空調なら業界最安値に挑戦中!