業務用エアコンのリースで納入してくれるのは、リース会社?

HOME » 業務用エアコンのリース情報 » 業務用エアコンのリースで納入してくれるのは、リース会社?

業務用エアコンのリースで納入してくれるのは、リース会社?

業務用エアコンのリース審査が無事に通り、正式に業務用エアコンのリース契約を結ぶときに、気になるのが、どこが納入してくれるのかということです。
リース契約では、リース会社と契約を結ぶことになるので、リース会社が業務用エアコンを納入してくれるものと考える人が多いでしょう。

しかし、結論から言えば、業務用エアコンを納入するのはリース会社ではありません。
業務用エアコンの販売業者が納入を行います。
販売業が納入するということで、支払いもリース契約者が行わなければならないのか?と不安を感じるかもしれませんが、支払いはリース会社が行うので、リース契約者が支払う必要はありません。
契約者は、取り付け工事が完了し、正式に引き渡された後から、リース会社に毎月一定のリース料を支払うという形になります。
販売業者に契約者が支払うことはありません。

業務用エアコンのリースでは、販売業者が指定の場所に納入してくれますし、販売業者に対しての発注は、リース会社が行うので、契約者が何かをしなければいけないということはないのです。
業務用エアコンのリースは、難しいものではないので、初めての方でも安心してご利用いただけます。

業務用エアコンのリースのお申し込みなら、全メーカー対応の新空調がオススメ。
新空調なら、専門のスタッフが、お客様のご要望、用途にあわせて最適なリースをご提案させていただきます。

業務用エアコン3つの注意点について

業務用エアコンで注意したい点について
業務用エアコンを選ぶ際に注意しておきたい点について解説します。業務用エアコンを選ぶ際に注意しておきたいのが、運転する際の音についてです。とくに、注意したいのが室外機が動く際の音です。昔のインバータの業務用エアコンなどは運転時の音がかなり大きくて気になるという話もよく聞きます。室外機を設置する場所に他の住宅などがあるという場合には、近隣の住宅から音についてクレームが来るという可能性もあります。

業務用エアコンのホームページには、音がどのくらいであるのかというのが記載されていますのでチェックしておくようにするとよいでしょう。業者にも音が出来るだけ静かなタイプのものをお願いするようにするとよいでしょう。

業務用エアコンの隠ぺい配管には注意
業務用エアコンの工事を行う際に、知っておきたいのが隠ぺい配管についてです。これは名前から想像することが出来るように、配管が壁の中に入っている状態のことをいいます。隠ぺい配管は、見た目は綺麗ですが、トラブルがあったときなどには対応が難しくなります。

また、業務用エアコンの入れ替えの場合には配管の状態などによっても異なりますが、再利用することで費用を抑えるということが出来ます。しかし、この場合にはそもそも配管の状態を外から判断することが出来ませんし、新しく配管を入れるにも壁を壊さないといけないので、通常よりも工事費が高くなります。この場合には、通常よりも難しい工事になるということを覚えておきましょう。

業務用エアコンの見積の注意点
業務用エアコンの見積を依頼する場合に注意しておきたいのが、工事費が含まれているのかどうかということです。見積の場合には業務用エアコンの本体価格の他に、取付工事を行う場合にかかる工事というものがあります。単純に価格だけで見てしまうと後で後悔することや、トラブルになりかねませんので、必ず工事費も含まれているのかどうか、どのような工事になるのか?追加費用がかからないかどうかなどもしっかりと事前に確認するようにしておきましょう。それとあわせて、税抜きか税込かどうか、銀行振込などの場合には、振込手数料はどちらが負担するのかなどお金に関ることはしっかりと確認しておくようにしましょう。